セミナー情報

セミナー情報

特別講演会 会場I

セミナー聴講は、来場者登録が必要です。

11月24日(水)

聴講無料 事前登録制 ※プログラムは変更になる場合がございます。

時間 内容※敬称略
10:30 11:15

人生100年時代のヘルスケアビジネスの在り方
ーコロナの先にある健康長寿社会の実現ー

「人生100年時代」と言われる今日、年齢が進むにしたがって多様化する「健康需要」に対応するため、地域資源を活用しながらサービスを創出し、誰もが無理なく利用できる供給体制を整えることが必要である。

社会政策課題研究所

所長 江崎 禎英

11:45 12:30

利用者と地域のニーズに応える保健事業サービスの展開

保健事業部は、静岡県浜松市2施設、巡回健診部門、静岡市2施設を運営し、年間約760,000人の利用者を受け入れている。利用者ならびに地域ニーズをどのように取り入れ、施設運営に活かしているかを紹介する。

社会福祉法人聖隷福祉事業団

保健事業部 事業管理部長
藤田 真人

13:00 13:45

アジアのヘルステック事情と今後の展望
~コロナにより加速するアジア各地の医療DX~

オンライン診療などのヘルステック企業は、コロナ禍のもと政府の後押しも受けて急成長し、多くの投資が集まっている。本講演ではアジアの医療分野における参入機会について、近年の動向を踏まえて解説する。

株式会社メプラジャパン

代表取締役  佐藤 創

14:15 15:00

-講演内容調整中-

15:30 16:15  

テクノロジーを駆使した介護オペレーション

社会福祉法人善光会では2009年ごろから業界に先駆け介護ロボット機器などのテクノロジーを導入した生産性の高いオペレーションを構築してきました。今回は最新の事例を織り交ぜ、その取り組みをご紹介します。

社会福祉法人 善光会

理事 最高執行責任者 宮本 隆史

11月25日(木)

聴講無料 事前登録制 ※プログラムは変更になる場合がございます。

時間 内容※敬称略
10:30 11:15 村下 公一

健康ビッグデータとリアルワールドデータ(RWD)の融合による健康未来戦略の姿
-Beyond5G×ヒト・データPFで実現する新たなヘルスケア世界の創造-

弘前大学COIは超多項目健康BDを基盤にAI疾患発症予測モデル開発に取り組んできた。最先端テクノロジーと社会環境構築の同時実現ではじめて実現可能なSociety5.0の新たなヘルスケア戦略の姿を披露。

弘前大学
健康未来イノベーションセンター(医学研究科附属)

副センター長・教授 村下 公一

11:45 12:30

ベンチャーからのヘルスケアビジネスの始め方

ヘルスケア領域は幅広くまた簡単に参入でき現在盛り上がっている市場です。しかしエビデンスの不足や普及におけるマーケティング手法にも課題があると考えます。今回ベンチャービジネスの視点から紐解いていきます。

山野美容芸術短期大学

教授 新井 卓二

14:15 15:00

健診の意義と今後の方向性を探る

特定健診や職場の健康診断は日常的に行われているが、今後はITCを活用した総合的な危険度の評価や保健指導、受診勧奨の優先順位の決定などを行っていくべきである。短期的な対策、長期的な方向性を概説する。

慶應義塾大学

医学部衛生学公衆衛生学 教授 岡村 智教

15:30 16:15

AI/ビッグデータのヘルスケア分野での活用事例(仮)

京都大学

人間健康科学専攻ビックデータ医科学分野
教授
 奥野 恭史

11月26日(金)

聴講無料 事前登録制 ※プログラムは変更になる場合がございます。

時間 内容※敬称略
10:30 11:15

ウィズコロナ時代の生活習慣病予防と健康経営・ヘルスリテラシー

ウィズコロナによる自粛や在宅勤務が継続し、健康影響のエビデンスが蓄積されてきました。新常態下の健康経営の推進について、新型コロナ対応の最新情報を踏まえデジタルヘルスリテラシー推進の観点からお話します。

順天堂大学大学院

医学研究科先端予防医学・健康情報学講座 特任教授 福田 洋

11:45 12:30

医療機関におけるデジタルトランスフォーメーション(DX):
コロナの教訓をどう未来に結びつけるのか

本講演では、札幌ハートセンターにおけるスマホベースの電子カルテ導入から、ハワイ州における新型コロナウイルス感染症対策のデータ管理まで、実例を詳しく提示するとともに、今後の日本におけるDXを提案する。

University of Hawaii at Manoa

Cancer Center Epidemiologist 岡田 悠偉人

13:00 13:45

フィットネスからメディカルフィットネスへ
〜メディカルフィットネスに必要な要素とは〜

医療・介護・フィットネス業界で話題になるメディカルフィットネス。 メディカルフィットネスとはどんなことなのか。何が必要なのか。 メディカルフィットネス実店舗運営、そして多くのメディカルフィットネス開業支援実績からwithコロナ時代のこの事業についてご説明します。

株式会社ドリームゲート

代表取締役社長兼CEO 村上 勇

14:15 15:00

講演内容調整中(健康経営)

アビームコンサルティング株式会社

Digital Technology-IES Principal
稲生 英之

特別講演会 会場II

11月24日(水)

聴講無料 事前登録制 ※プログラムは変更になる場合がございます。

時間 内容※敬称略
14:30 16:30
(予定)

神奈川県・未病産業研究会 11月度全体会

未病産業の未来を創るー。神奈川県政策局ヘルスケア・ニューフロンティア推進本部室に事務局を置く未病産業研究会は、次世代の新たなヘルスケア社会システムの構築を目指します。全体会では会員企業によるショートプレゼンなどを実施、会員企業でない方もご参加いただけます。

神奈川県・未病産業研究会

11月25日(木)

健康運動指導士、健康運動実践指導者の更新単位申請予定

聴講無料 事前登録制  ※案内状に掲載の時間から変更となっております。 ※プログラムは変更になる場合がございます。

時間 内容※敬称略
11:00 12:00

健康増進施設・指定運動療法施設における運動療法
医療連携における生活習慣病プログラムや「標準的な運動指導プログラム」について

慶應義塾大学スポーツ医学研究センター

大学院健康マネジメント研究科 准教授・医学博士 小熊 祐子

12:00 12:20

健康増進施設、指定運動療法施設の規定について

公益財団法人日本健康スポーツ連盟 事務局長
日本メディカルフィットネス研究会 事務局

田中 尚子

12:30 13:10

益々拡大するメディカルフィットネスの現状についてー現状と展望ー

日本メディカルフィットネス研究会

副会長 藤本 浩也

14:00 14:45
健康増進施設の事例

フィットネスにおける医療機関との連携による運動療法について
地域における健康づくりの展開について

株式会社岡山スポーツ会館

フィットネス担当 本部長 石尾 正紀

15:00 15:45
メディカルフィットネスの事例

医療施設における運動療法の実際
通所リハビリとの併用について

一般財団法人三宅医学研究所

通所事業課 健康増進課 課長 小林 守

11月26日(金)

聴講無料 事前登録制 ※プログラムは変更になる場合がございます。

時間 内容※敬称略
10:30 11:15

データヘルス改革で変わるヘルスケアの未来

高齢化社会を社会保険や民間サービスの活用で乗り越えてきた課題先進国日本。最新のテクノロジーやデータ利活用は、ヘルスケアの未来をどう変えるのか?政府が進める「データヘルス改革」の取り組みを紹介する。

厚生労働省

政策統括官付情報化担当参事官室 室長補佐 笠井 南芳

14:15 15:00
特別ディスカッション

大学生の就職動向と健康経営

健康経営の期待される効果の1つにリクルート効果があげられます。しかし求職者である大学生は直近2年コロナ禍において就職意向や就職先も大きく変化しました。今回は大学側の就職動向から健康経営を紐解きます。

株式会社大学通信

常務取締役 安田 賢治

青山学院大学

進路・就職センター 部長
祖父江 健一

山野美容芸術短期大学

教授 新井 卓二

ソリューションプレゼンセミナー

セミナー聴講は、来場者登録が必要です。

11月24日(水)

聴講無料 事前登録制 ※プログラムは変更になる場合がございます。

時間 内容※敬称略
11:00 11:40

健康ビッグデータとリアルワールドデータ(RWD)の融合による健康未来戦略の姿
-未来型ヘルスケアサービス(DX)による新well-being社会システムの実現-

弘前大学は政府COI拠点の一つで最大の強みは16年に及ぶ健常人の超多項目ビッグデータ。AIを駆使した健康BD解析による革新的疾患予兆法・予防法やリアルワールドデータとの融合等、最新の研究成果や大手有力企業と社会実装を進めている新健診モデル「DXーQOL健診」等の未来型ヘルスケアサービスほか、最先端テクノロジー導入と社会環境構築の同時実現による新well-being社会に向けた取組を紹介する。

弘前大学COI研究推進機構

13:00 13:40

歩行コーチングロボットcuraraの新機能と介護施設等での活用方法

今秋、歩行コーチングロボットcuraraの新製品を発売の予定であり、本セミナーではこのロボットの機能と活用方法について紹介する。新製品では、ユーザの立場に立ち、さらなる軽量化と使い勝手の改善を行っている。このロボットを用いることにより、介護施設等の機能訓練において、リハビリ専門スタッフがいなくても、正しい歩き方をコーチングできることを目指している。

AssistMotion株式会社


地域連携薬局として活躍される薬局

地域連携薬局として活躍する薬局を目指される薬局様に必要な業務は何か、その業務を分析し改善する環境を、どう準備したらよいか。「医薬分業発症の地“上田”」で34年に渡り調剤薬局様と共にシステムを開発し続けた実績から、これからの調剤薬局に求められる物と事をお伝えします。

株式会社ズー


タイルカーペットウイルス除去・除菌丸洗いクリーニング及び中古カーペットの活用メリット

コロナ禍の中、弊社のタイルカーペット丸洗いクリーニングは、ウイルス除去・除菌が可能になり、足元から感染対策ができるようになりました。 また、丸洗い洗浄することで新品のように見違える仕上がりになる為、タイルカーペットのリニューアルと同じ状態を提供できます。長く繰り返しタイルカーペットを利用することが、新品利用の抑制及びごみの排出を抑え、脱酸素社会、SDGsに貢献する取り組みに繋がります。

株式会社ワイズ・クルー

11月25日(木)

聴講無料 事前登録制 ※プログラムは変更になる場合がございます。

時間 内容※敬称略
13:00 13:40

血液中アミノ酸濃度を用いたリスクスクリーニング検査およびそのソリューションの開発
―食と健康の課題解決企業を目指して―/大正製薬の弘前COIでの取組み(仮)

【味の素】弊社は食と健康の課題解決企業を目指し様々なサービス/商品開発を行っており、その一例である「血液中アミノ酸濃度を用いたスクリーニング検査とそのソリューションサービス『アミノインデックス』」についてご紹介します。

【大正製薬】生活者個々の体質や状態に寄り添ったソリューションに関する研究・社会実装を通じ、健康と美を願う生活者のより豊かな暮らしの実現に貢献することを目的として活動しています。

弘前大学COI研究推進機構(味の素株式会社/大正製薬株式会社)

16:00 16:40

生活習慣データを用いた、
高齢者 認知機能推定AIエンジン「Cognivida」と 企業共創事業について

弊社は日常の生活情報から、脳の認知機能を推定するAIエンジン"Cognivida"の開発を約4年間行っており、これまで海外の論文大会での採択、また日本経済様主催の国内の大規模ピッチコンテストでのグランプリ受賞等、複数の受賞をしてきました。本セッションでは、推進する社会実装のフェーズにおいて、認知症課題の解決に向けてご並走頂く企業様を広く募集すると共に、事業化の目指し方について発表したいと思います。

ジョージ・アンド・ショーン株式会社

11月26日(金)

聴講無料 事前登録制 ※プログラムは変更になる場合がございます。

時間 内容※敬称略
11:00 11:40

野菜摂取不足ゼロを目指して/弘前大学COIにおけるフレイル予防研究

【カゴメ】野菜摂取行動を促すために行なった、自身の野菜摂取状況を簡単にチェックできる装置“ベジチェック”の開発と、その測定値と岩木プロジェクト健診の健康データとの関係性に関する解析結果について概説します。

【ファンケル】健康長寿社会づくりをめざした取組みとして、岩木健康増進プロジェクトを通じた健康ビッグデータを活用し、自律神経活動を切り口としたフレイル予防をめざしており、本取組みを紹介します。

弘前大学COI研究推進機構(カゴメ株式会社/株式会社ファンケル)

12:00 12:40

光センサによる痛みの無い非侵襲血糖値計の実現(仮)

オスティーラボ合同会社

13:00 13:40

精神病予兆リスクを尿検査で評価・コンパスチェック「バイオピリン」検査サービスの紹介

精神疾患発症危険状態(ARMS)になると、尿中にバイオピリンというマーカーが排出され、高感度に精神疾患発症リスクを評価できることが明らかになりました。客観的、且つ非侵襲な検体を使える点で、広くご活用いただけるよう、検査サービスパッケージをリリース致しました。本サービスのワンストップ化のため、その活用と連携の在り方、学術情報について詳しくご紹介いたします。

セルスペクト株式会社

14:00 14:40

zenius株式会社

-講演内容調整中-

15:00 15:40

テクノロジーを活用した、これからの”あるべきICT保健/食事指導”について

特定保健指導の現場では対象者の初回参加率やその後の受診継続率が上がらない等、対象者のモチベーション管理に課題があると認識しています。タウンドクターでは、精神科医の臨床経験に基づく知見と独自テクノロジーを活用し、1人1人のモチベーションや生活環境、食の嗜好に合わせた継続しやすいプログラムを開発しました。これからの”あるべきICT保健/食事指導”について指導コンセプト/実施内容をご紹介させてください。

タウンドクター合同会社

資料請求

出展のパンフレット・結果報告書をご覧になりたい方はこちらからお申込み下さい。

資料ダウンロード

お問合せ

出展について詳しく知りたい方、事務局の説明が聞きたい方はこちらからお問合せください。

お問合せフォーム